株式会社吉田設計

コンセプト

建物をたてるということは、その人の歩んできた人生を表現すること

個人生にあった数々の建物が必要だと考えます。
そんな数々の美的感覚を十分キャッチし、ヒアリングを重ね妥協なき建物づくりを目指します。

夢や希望をかたちに、最高のプランを提供します。

自ら監理することで設計コンセプトを現場にダイレクトに反映させます。
「品質・性能」「価格の適正化」「情報の提供」「自由で柔軟な選択」個々のテーマを持ち、常に改善・変化させ、より豊かな表現を目指します。

価値観の共有・協同創造・信頼性
建物への情熱・愛情をもって感動へと導きます。




利用者の感性をより一層伸ばす施設づくり 吉田設計

利用者の感性をより一層伸ばす施設づくり

皆が集う場所に暖炉を設置し、機能やデザイン性を重視しながら安全性にも十分配慮し、家庭的で安心感のある、利用者の五感を刺激する設計・デザイン。


AIKO004

地域の人々の交流に配慮した施設づくり

前面道路側外壁オブジェ・玄関庇デザイン・玄関ホールオブジェ。慈愛に満ち溢れた空間づくりに配慮し、利用する人々を温かく見守り続ける施設設計。


空間づくりに配慮した施設づくり 吉田設計

空間づくりに配慮した施設づくり

限られた敷地に立地しながらも、駐車スペースは十分確保し、天井高・開口部に配慮した空間づくりで、開放的な設計。


地域と一体化し親しまれる施設づくり 吉田設計

地域と一体化し親しまれる施設づくり

隣接する他施設と共に地域の人々に親しまれ、自然の雄大さをテーマとし、和の輝りを利用者のみならず地域にも照らし続ける設計・デザイン。


周辺地域との融合に配慮した施設づくり 吉田設計

周辺地域との融合に配慮した施設づくり

緑の中に佇む荘厳な外観でありながら自然になじみ、内部の洗練されたデザインの数々が、快適で利便性に優れた設計。


個々の生活を尊重した住宅 吉田設計

個々の生活を尊重した住宅

広大な土地の潜在能力やまちの特徴を理解し、住む人の能力を一層高めるデザイン。建物を通じて地域へ貢献し、人とつながる為の設計。


新たなまちづくりに配慮した設計 吉田設計

新たなまちづくりに配慮した設計

特徴的な1/Fゆらぎデザインの柱をメインに、様々な住民を想定し、防犯性・利便性に十分配慮した、歴史ある街づくりの一端を担う設計。


立地条件に十分配慮した設計 吉田設計

立地条件に十分配慮した設計

土地の性質に合わせた構造設計、発展する地域情勢を考慮したデザイン、施設の持つ役割を将来的にも果たせた設計。